メニュー
番組表

2006

11

27

[ MON ]

2006

11

27

[ MON ]

茶碗蒸し

蒸し器がなくても大きめの鍋で蒸す、器もマグカップでOKよ

小川 聖子

先生

151kcal

カロリー/1人前

2.2g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • 白身魚(鯛、ひらめなど)の刺身

    12切れ(120g)

  • (しょうゆ小さじ2 みりん小さじ1)

  • 生椎茸

    4枚

  • 焼き麩(もみじ麩)

    8個

  • 三つ葉

    少々

  •  だし汁

    3カップ

  •  粗塩

    小さじ1

  •  しょうゆ

    小さじ1

  •  卵

    4個

作り方

  • 1

    白身魚はしょうゆ、みりんをまぶして20分おき、器に分け入れる。

  • 2

    生椎茸は軸をとり、かさに飾り切りをする。焼き麩は水につけてもどし、水気を押し絞る。

  • 3

    だし汁を熱くし(70℃~80℃)、粗塩としょうゆを加えてよく混ぜる。

  • 4

    ボウルに卵を溶きほぐし、(3)のだし汁を加えて混ぜる。すぐに(1)の器に注ぎ入れ、生椎茸と麩をのせる。

  • 5

    大きめの鍋に(4)の器を並べ入れ、熱湯を鍋に卵液の高さの7~8分目まで注ぎ入れる。ふたをふきんで包んでのせ、中火にかけて2分、ごく弱火にして8~10分蒸し、火を止めてそのまま7~8分おく。

  • 6

    鍋からとり出し、2cm長さに切った三つ葉をのせる。

鍋蒸しの途中、湯が煮立ってゴトゴトと音がするときは、水少々をさして湯の温度を下げるとよい。

器は大きめのマグカップを利用して!このカップが4個すっぽり入る大きい鍋のご用意も。

湯はカップの中に入っている卵液の少し下まで入れる。

アドバイス

  • 白身魚は鯛のほか、ひらめやすずきなどお手軽なものを使うとよい。

  • 卵は菜箸がボールの底につけながら溶き、泡立つようには混ぜないこと。

  • だし汁の温度、だし汁をとってすぐ(削りがつおが沈んだ頃)が70~80℃、手を入れてちょっと熱いと感じるくらいが目安です。

  • 具の準備をととのえてから卵液を作り、容器に流して鍋に入れるまでの作業は手早くすること。

  • 茶碗蒸しは火を消してからの時間も大事!弱火で8~10分蒸し、表面が固まっていたら火を止めてふたをしたまま10分おきます。

このレシピの先生

小川 おがわ 聖子 せいこ 先生