メニュー
番組表

2018

4

3

[ TUE ]

2018

4

3

[ TUE ]

かれいの煮つけ

子持ちがれいを上手に煮る

藤井 恵

先生

172kcal

カロリー/1人前

2.4g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • 子持ちがれい

    4切れ(400g)

  • わかめ(塩蔵)

    50g

  • しょうが

    1かけ

  •  しょうゆ

    大さじ3

  •  砂糖

    大さじ2

  •  酒

    1/2カップ

  •  みりん

    大さじ2

  •  水

    2カップ

作り方

  • 1

    かれいは卵の部分に指を入れ、とり出す。身は皮目に1本切り目を入れ、たっぷりの熱湯にさっとくぐらせ、ザルに上げて水気をきる。

  • 2

    わかめは洗って塩を落とし、たっぷりの水に5分つけ、水気を絞って一口大に切る。しょうがは皮をむき(皮はとりおく)、せん切りにしてさっと洗う。

  • 3

    フライパン(直径26cm)にしょうゆ、砂糖、酒、みりん、分量の水、(2)のしょうがの皮を入れて煮立て、かれいの身と卵を入れる。再び煮立ったらアクを除き、ときどき汁をかけながら魚に火が通るまで、中火で10分ほど煮る。煮汁の部分にわかめを入れ、再び煮立ったら火を止める。

  • 4

    かれいの身に卵を戻し、器に盛り、煮汁をかける。わかめと水気をきったしょうがのせん切りを添える。

アドバイス

  • 卵は火が通りにくいので、取り出して煮ると短時間で身と同時に煮あがります。

  • 鍋はかれいに煮汁がやっとかぶる位の大きすぎないサイズのフライパンを選びます。

  • 煮汁を時々かけながら煮、煮立てすぎないこと。

  • この煮汁でわかめのほか、豆腐や切り干し大根を煮るのもおすすめ。

このレシピの先生

藤井 ふじい めぐみ 先生