メニュー
番組表

2020

3

6

[ FRI ]

2020

3

6

[ FRI ]

ゆで卵の天丼

ちょっと目新しいゆで卵の食べ方

石原 洋子

先生

517kcal

カロリー/1人前

2.3g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • ごはん(温かいもの)

    600g

  • 4個

  • 青じそ

    4枚

  • 紅しょうが

    40g

▼衣

  •  冷水

    55ml

  •  小麦粉

    50g

▼天つゆ(作りやすい分量)

  •  だし汁

    大さじ3

  •  酒

    大さじ2

  •  みりん

    大さじ2

  •  しょうゆ

    大さじ2

  • ●小麦粉、油

作り方

  • 1

    半熟ゆで卵を作る。鍋に湯を沸かし、卵をそっと入れて最初の1分ほどは静かに転がしながら、合計で7分ゆでる。冷水にとり、水の中で殻にひびを入れてから殻をむく。

  • 2

    紅しょうがはみじん切りにする。

  • 3

    鍋に天つゆの材料を入れて煮立て、火を止める。

  • 4

    衣を作る。ボウルに冷水を入れ、小麦粉を加えてよく混ぜる。大さじ1をとり分け、水小さじ1を加えて混ぜ、青じそ用の衣を作る。残りの衣に紅しょうがを加えて混ぜる。

  • 5

    小さめで深めの鍋に、ゆで卵がかぶるくらいの深さに油を入れ、180℃に熱する。青じそは1枚ずつ揚げる。葉の裏側に小麦粉を薄くまぶし、(4)の衣をつけて油に入れ、30秒ほど揚げる。残りも同様に揚げる。

  • 6

    (5)の油を170℃に下げる。ゆで卵は2個ずつ揚げる。ゆで卵に小麦粉を薄くまぶし、紅しょうが入りの衣をスプーンでかけてからめる。スプーンにのせてそっと油に入れ、2~3分揚げる。残りも同様に揚げる。

  • 7

    ゆで卵の天ぷらは縦半分に切る。器にごはんを盛り、天つゆをかけ(1人分に大さじ1ほど)、ゆで卵の天ぷら、青じその天ぷらを盛り、残りの天つゆを好みでかける。

アドバイス

  • 卵は冷蔵庫から出したての冷たいものをゆでること(半熟仕上げのポイント)。

  • ゆで卵にまぶす衣は固めがよい(青じそ用には水を足して)、揚げる直前に紅しょうがを加えます。

  • 揚げ時間は2分(長く揚げないこと)。

このレシピの先生

石原 いしはら 洋子 ひろこ 先生