メニュー
番組表

2020

7

4

[ SAT ]

2020

7

4

[ SAT ]

コーヒーゼリー2種

欲張ってます!2つの食感ご紹介

柳瀬 久美子

先生

材料

  • ■ふるふるコーヒーゼリー(4~5人分)

  • コーヒー(約70℃)

    2カップ

  • グラニュー糖

    15g

  • 板ゼラチン、または粉ゼラチン

    6g

▼ヨーグルトミルクソース

  •  プレーンヨーグルト

    100g

  •  コンデンスミルク

    25g

▼シナモンクリーム

  •  グラニュー糖

    小さじ1/2

  •  シナモンパウダー

    小さじ1/2

  •  コンデンスミルク

    25g

  •  生クリーム

    1/2カップ

  • ■しっかりコーヒーゼリー(容量80㎖の型5個分)

  • コーヒー(約70℃)

    2カップ

  • グラニュー糖

    15g

  • 板ゼラチン、または粉ゼラチン

    13g

  • コンデンスミルク

    適量

  • バニラアイスクリーム

    適量

作り方

  • 1

    ふるふるコーヒーゼリー

    【1】板ゼラチンはたっぷりの冷水につけてふやかす(粉ゼラチンの場合は大さじ2の水にふり入れてふやかす)。

    【2】コーヒーにグラニュー糖を加えて混ぜ、(1)の板ゼラチンの水気をよくきって加え、混ぜながら余熱で溶かし、粗熱をとる。保存容器などに流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

    【3】ヨーグルトミルクソースを作る。ボウルにヨーグルトとコンデンスミルクを入れてよく混ぜる。

    【4】シナモンクリームを作る。ボウルにグラニュー糖とシナモンパウダーを入れてよく混ぜ、コンデンスミルクを加えて泡立て器で混ぜる。生クリームを少しずつ加えて溶きのばして泡立て、六~七分立てにする。

    【5】(2)のコーヒーゼリーをスプーンですくって器に盛り、(3)、(4)を好みでかける。(4)には好みでシナモンパウダーをふる。

  • コーヒーは好みのもので。ドリップコーヒーやインスタントコーヒー、ペットボトルのアイスコーヒー(無糖)でも可。苦みの強い濃いコーヒーは、ゼリーが濁りやすくなるので注意する。冷たいコーヒーを使う場合は、70℃くらいまで温めて用いる。

  • 2

    しっかりコーヒーゼリー

    【1】板ゼラチンはたっぷりの冷水につけてふやかす(粉ゼラチンの場合は65㎖の水にふり入れてふやかす)。

    【2】コーヒーにグラニュー糖を加えて混ぜ、(1)の板ゼラチンの水気をよくきって加え、混ぜながら余熱で溶かし、粗熱をとる。型に等分に流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

    【3】型からとり出して器に盛り、コンデンスミルクをかける。またはバニラアイスクリームをのせる。

板ゼラチン

牛や豚の骨や皮に含まれる動物性たんぱく質の一種、コラーゲンが主成分の凝固剤で、薄い板状のもの。弾力性と粘性が強いので、やわらかくぷるんとした食感で口溶けよく仕上がる。ゼリーやムースなどのお菓子に使われる。

アドバイス

  • ゼラチンの量を変えるだけでふるふると固めの食感を楽しめます。

  • ゼラチンは冷たい水につけてふやかします(夏は水道水はNG)。

  • 淹れたてのコーヒーを使う場合は(80℃位)、そのままふやかしたゼラチンを加えてOK。

  • ふるふるのゼリー液を型に流して冷やし固めても、きれいな形には抜けません!!

  • シナモンクリームのグラニュー糖とシナモンを先になじませてからコンデンスミルクを加え、生クリームを加えて泡立て、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておくこと。

このレシピの先生

柳瀬 やなせ 久美子 くみこ 先生