メニュー
番組表

2015

12

12

[ SAT ]

2015

12

12

[ SAT ]

ジャーショートケーキ

2015年を締めくくるデザート

材料 (240mlのジャー4個分)

▼スポンジシート(30×30cmの天板1枚分)

  • 3個

  • 砂糖

    80g

  • 薄力粉

    60g

  • バター(無塩)

    25g

  • *焼き上がりの約1/2枚を使用

  • ▼いちごのワインマリネ(作りやすい分量)

  • いちご

    250g(約2/3パック)

  •  水

    50ml

  •  ロゼワイン

    70ml

  •  グラニュー糖

    50g

▼ホイップクリーム

  • 生クリーム

    200ml

  • グラニュー糖

    20g

作り方

  • 下準備 ●いちごのワインマリネを作り、使う直前に、ザルにあけていちごとマリネ液に分けておく。 ●天板にオーブンシートを敷いておく。 ●バターは湯煎で溶かす。

  • 1

    いちごのワインマリネを作る

    【1】小鍋に水、ロゼワイン、グラニュー糖を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火からおろして粗熱をとっておく。

    【2】いちごはヘタをとって4~8等分にカットし、容器に入れ、(1)をまんべんなくまわしかけ、ラップを表面にピッタリはりつけて冷蔵庫に2~3時間おいて味をなじませる。

  • 2

    スポンジシートを焼く

    【1】ボウルに卵と砂糖を入れてハンドミキサーで泡立てる。ハンドミキサーの羽根の跡が残るくらいのふんわりした生地になるまで泡立てる。次にハンドミキサーを低速にして生地のキメを整えるように1分ほどまわす。

    【2】薄力粉をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでゴムベラでさっくりと合わせる。さらに溶かしバターを加え、再びさっくり混ぜ合わせる。

    【3】用意した天板に生地を流し、カードで厚さを均一にし、180℃のオーブンで約12分焼く。焼き上がったら天板からはずし、網の上で粗熱をとる。

  • 3

    ホイップクリームを作る

    【1】ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて六分くらいまで泡立て、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。使うときに、七~八分の固さに泡立てる。

  • 4

    ジャーに詰める

    【1】粗熱のとれたスポンジを紙からはずし、表面の茶色の焼き面を薄くそぎとる。ジャーの内径よりひとまわり小さな型で12枚をくりぬく。

    【2】ジャーにスポンジを1枚敷き、表面にいちごのマリネ液をハケでしみ込ませるようにぬる。

    【3】ホイップクリームを七~八分立てに調整し、太めの丸口金をつけた絞り袋に入れて平らに絞り出す。

    【4】いちごの1/8量を外側に赤い面を向けて入れる(竹串を使うとやりやすい)。さらに真ん中にホイップクリームを少量だけ絞る。

    【5】2枚目のスポンジをのせ、マリネ液をハケでぬり、ホイップクリームを絞る。(4)と同様にいちご、ホイップクリームの順にもう1層重ねる。

    【6】3枚目のスポンジをのせ、マリネ液をぬり、ホイップクリームをジャーの縁ギリギリまで絞り入れ、ふたをする。冷蔵庫で1時間以上冷やし、全体に味をなじませる。

「ジャー」とは?

保存容器として使われるガラス製ボトルをジャーと呼ぶ。耐熱ガラス製で、ふたがしっかり閉まるものがあてはまる。大きさやふたの形状などさまざまな種類があるので、用途や好みによって使い分けて。中身が見えるため何が入っているかすぐにわかり、冷蔵庫の棚にもおさまりやすい。密閉性があり、水気があるものでももれる心配がないので、持ち歩くのにも便利。小さいタイプなら、そのまま器としても使える。

詰める前に消毒を

ジャーは清潔なものを使うのが原則。大きな鍋に湯を沸かしてふたとともに5~6分煮沸し、とり出して清潔なふきんの上に伏せて置き、自然乾燥させる。

このレシピの先生

柳瀬 やなせ 久美子 くみこ 先生