メニュー
番組表

2020

6

6

[ SAT ]

2020

6

6

[ SAT ]

香菜レモン鶏

しっとり、レモンの酸味が爽やか

材料

  • 香菜

    (大)4~6株(100g)

  • 鶏もも肉

    1枚(250g)

  • 鶏胸肉

    1枚(200g)

  •  水

    2+1/4カップ

  •  酒

    1/4カップ

  •  塩

    小さじ1強

  •  長ねぎ(青い部分)

    50g

  •  しょうがの薄切り

    (大)1かけ分

  • レモン(国産)

    1~2個

■フォー 材料1人分

  • フォー(乾燥)

    40g

  • 「香菜レモン鶏」のつけ汁

    適量

  • ナンプラー

    小さじ1/2強

作り方

  • 1

    香菜は根があればとりおき、あとはざく切りにする。レモンは果汁大さじ4を絞り、絞ったあとのレモンはとりおく。鶏肉はともに余分な脂を除き、熱湯に入れて30秒ほどゆでて、ザルに上げる。

  • 2

    厚手の鍋に分量の水、酒、塩、長ねぎの青い部分、しょうが、香菜の根を入れ、(1)のもも肉を加えて火にかけ、煮立ったら弱火で5分煮る。胸肉を加え、再び煮立ったらふたをして火を止め、15分おいて余熱で火を通す。

  • 3

    鶏肉をとり出し、もも肉は一口大に切り、胸肉は一口大のそぎ切りにする。

  • 4

    煮汁はこして2カップをとり分け(残った煮汁は下記の「フォー」に使用)、(1)のレモン汁を加え混ぜる。(3)の鶏肉、香菜と果汁を絞ったあとのレモンを加え、しばらくつけてなじませる。できたてがおいしいので、その日のうちに食べきる。

残ったつけ汁でもう1品 フォー

  • 1

    フォーは表示通りにゆでて、湯をきって器に盛る。

  • 2

    「香菜レモン鶏」のつけ汁は、レモンを除いて1+1/2カップ(足りないときは残った鶏の煮汁か水を足す)を鍋に入れ、ナンプラーを加えて温め、フォーにかける。あれば鶏肉をのせて食べる。

香菜

パクチーやコリアンダーとも呼ばれ、独特の香りがある香草。スープやめん料理、炒めものなどに幅広く使われる。根にも香りがあるので、捨てずに使うとよい。

アドバイス

  • たっぷりの香菜、パクチーを食べる料理、たっぷりの香菜とレモンがポイントです!

  • おいしい煮汁にする為に、鶏肉は下ゆでをしておくこと(アク抜き)。

  • 鶏肉は火を止めて余熱でゆっくり火を通すのがしっとりジューシーに仕上げるコツ。

  • 果汁を搾ったレモンの皮は1/2個分は煮汁に加えるので残しておきます(香りを活かす)。

  • 鶏肉の切り方を変えると(ももはぶつ切り、胸肉はそぎ切り)それぞれの食感が楽しめます。

  • 冷蔵庫に入れてしまうと肉が固くなるのでNG、出来たてをすぐにいただくのがおすすめ。

  • 鶏肉を食べたあとのつけ汁がとてもおいしいので捨てずに活用します。

  • つけ汁はそのままごはんにかけてもOK

このレシピの先生

冷水 ひやみず 希三子 きみこ 先生