メニュー
番組表

2004

9

14

[ TUE ]

2004

9

14

[ TUE ]

さんまのワタ焼き

腹ワタをからめて焼くと、コクと風味が倍増

牧 弘美

先生

372kcal

カロリー/1人前

1.5g

塩分/1人前

材料 (4人分)

  • さんま

    (約160gのもの)4尾

  •  さんまの腹ワタ

    4尾分

  •  しょうゆ

    大さじ1

  •  みりん

    大さじ1/2

  •  塩

    小さじ1/3

  • オリーブ油

    大さじ1/2

  • 青じそ

    15~20枚

  • すだち

    2個

作り方

  • 1

    さんまは頭と尾を切り落とし、包丁の先で腹ワタの抜き出し、長さを半分に切って洗う。腹ワタは残しておく。

  • 2

    腹ワタを裏ごししてボウルに入れ、しょうゆ、みりん、塩を加えてよく混ぜる。さんまの水気をふいてつけ込み、約30分おく。

  • 3

    青じそはせん切りにし、水洗いして水気を絞る。

  • 4

    さんまの汁気をしごき落とし、グリルに並べ入れ、7~8分かけて両面を香ばしく焼く。ほぼ火が通ったら残ったつけ汁にオリーブ油を混ぜてハケでさんまの表面にぬり、青じそをのせて青じそが乾く程度にさっと焼く。

  • 5

    器に盛り、すだちを添える。

アドバイス

  • さんまは目の澄んだ、光ったものを選びます。

  • ワタの中にはウロコがたくさん残っているので、必ず裏ごしすること。

  • このたれはとても焦げやすいので、必ずしごき落としてから焼き、表面が黒くなっていても気にしないで!

  • 残ったワタのたれをえびやいかにからめて焼いてもおいしい。

このレシピの先生

まき 弘美 ひろみ 先生